千趣会チャイルドケアTOP > 保育についての考え方

保育についての考え方

保育理念

子どもたち一人ひとりの可能性を探求し、これからの“生きる力”を育みます。

  • 1.

    安全・安心な保育。

    日々の安全管理を徹底的に行い、安全な食材による給食を提供します。
    子どもと保護者が安心できる、健やかな環境をつくります。

  • 2.

    豊かな感性を引き出す保育。

    子ども一人ひとりの興味・関心を引き出し、感動できる心を育みます。
    日本の伝統文化、季節のうつろい、地域の自然や行事を大切にします。

  • 3.

    健康な心と身体を養う保育。

    よく食べ、よく寝て、よく遊ぶことで健康な体づくりを促進します。
    礼儀を重んじ、集団生活での規律や約束を通じて、自ら考え行動する力を育てます。

  • 4.

    家庭との連携を密にした保育。

    子どもの「成長の喜び」と、家庭での「育児の悩みや不安」を共有します。
    子どもが「愛されている」と実感できる、子どもと保護者の絆づくりをサポートします。

保育目標

子どもたち一人ひとりの可能性を探求し、これからの“生きる力”を育みます。

  • 1.

    心身ともに健やかな子ども

    よく食べ、よく寝て、よく遊ぶことで、生涯にかけての体の基礎をつくる
    食べる喜びを味わうこと、素直に感謝できること、礼儀を理解し、元気にあいさつをする子ども

  • 2.

    感性豊かで感動できる子ども

    探求心旺盛であること、自ら遊ぶこと、自然を楽しむこと
    何よりそういった体験の中で、感動できる心をもつ子ども

  • 3.

    忍耐力と集中力のある子ども

    身体の発達の過程や友だちとの集団生活の中で、思い通りにいかないことや
    ひとつのことへの達成感を味わい、忍耐力と集中力のある子ども

PAGE TOP